iphoneにおいての、ホームボタン修理について

iphoneをはじめとして、それ以外のスマートフォン(アンドロイド等)や携帯電話での修理の保証期間は、大抵は1年間を基準に定められています。そして、iphoneの場合においては型毎に、弱干の保証期間の違いがあるようです。その他の機種と同じく、販売元の原因による事故以外での損傷については保証対象外としているようですが、なんとこの機種では販売元の会社や機種の型に関わらず、全ての原因を対象にして低料金での修理サービスを実施しています。3から5までが1年間、6以降が1年半となってはいますが、その保証期間内においての、ホームボタンなどの操作部位などをはじめとする修理を原因の如何を問わず、全て通常の料金よりも低価格での対象にしているところは、いままでのところ我が国内においては存在しません。こうしたところが、アンドロイドや他の携帯電話での各機種との大きく違うところであるといえます。

iphoneのホームボタンを修理してもらいました

iphoneを使用しています。使いだして1年半程が経った頃でしょうか、ホームボタンと呼ばれる下の丸いボタンが効かなくなってしまいました。これはまずいと感じ、インターネットで修理の方法を色々と検索しました。すると掃除をしたり、電源を入れ直したりすると直るというのを見つけ実践してみたのです。確かに良く押す部分なので、汚れは溜まるはずです。ゴミはもちろんですし、手からの油脂も入り込むかもしれません。ボタンを押しながら綿棒で綺麗に拭き取りました。確かに汚れは取れましたが直る事はありません。次にホームボタンの内部の構造を調整すると言われる方法を実践してみました。しかし、改善にはなりません。ソフトが原因かもしれないという事でアプリを強制終了してみましたがダメでした。結局購入した電気店に行き修理をしてもらう事にしました。確か7000円程でお釣りが来たと記憶しています。それからは余りホームボタンを使わない様に使用しています。

iphoneのホームボタンの修理

iphoneを毎日使用していると、ふとしたときに不具合が出てしまうことがありますが、その中でもホームボタンが壊れてしまって、操作ができなくなってしまうということがあります。iphoneは真ん中のボタンが非常に重要で、これを押すことによって画面を終了したりする必要がありますので、もし壊れてしまうと非常に使いにくくなってしまいます。もし少しでも操作をしていておかしいなと感じることがあれば、すぐに修理に出すとよいでしょう。修理もそこまで難しいものではなく、ボタンを交換したり分解したりということがありますが、プロにとっては難しくはないそうです。よって、そこまで高い費用もかからないと推測されますので、もし不具合があるようでしたらすぐに修理を依頼してみるとよいでしょう。ホームボタンはとても大切な部分です。

Leave a Comment

*