iphoneのホームボタンを押さないで修理を回避

iphoneのホームボタンは、アプリの起動や切替えなどで頻繁に使用するため、壊れて反応が鈍くなったり効かなくなったりなどで最終的に修理に出さなくてはならないケースがあります。そもそも、ホームボタンは電子機器であるiphoneの中で唯一機械的に動くため、故障しやすい部分でもあります。なるべく酷使したくないのですが、ホームボタンを使用しなくても同操作が出来る機能があります。AssistiveTouchと言う機能で画面上にホームボタンが表示させ、それをタッチすることによって本体に付いているボタンと同様な機能が実現できます。画面上には半透明のホームボタンが表示され、初めは邪魔に感じるかもしれませんがすぐに慣れます。本来、この機能は「画面をタッチすることが困難な方や支援アクセサリが必要な方」のための機能のようです。しかし、ホームボタンを壊すのが心配と言う人はこちらの機能を使うことをお勧めします。もし、活用したい方は「設定」「一般」「アクセシビリテイ」の順に操作して「AssistiveTouchで機能をオン」にすることによって、画面上にホームボタンが表示されます。勿論、従来付いているホームボタンも同様に使用できますので、一度試してみて下さい。

iphoneのホームボタンを修理する必要がある時

各種アプリの終了などで、一日の間に幾度となく使用するiphoneのホームボタンは、それ故に不具合が出ると困る存在でもあります。とりあえず機能する場合でありましても、感度が悪い場合ではその操作性も格段に悪くなってしまいます。その為修理の必要が出てくる訳でありますが、携帯キャリアなどの公式ショップに頼みましても数日は預ける場合が一般的です。その上、料金も決して安い金額ではありませんから、本当に使えなくなるまで何とか使用し続けるという場合も珍しくありません。その時は公式ショップよりも、iphoneの修理業者にホームボタンの修理を頼むと良いでしょう。その業者に頼みますと、店頭に赴いた場合では大概即日に直してくれますので、殆ど預ける必要がありません。その上、料金面も非常にリーズナブルでありますのでおススメです。

iphoneのホームボタンの修理に適した業者とは

iphoneは基本的にタッチパネルで操作しますので、現実的なボタンを使用することは少ないことになります。しかしホームボタンは度々使う部分でもありますので、その使用頻度次第では感度が劣化し、最終的には動作しなくなる場合があります。この部分は使用感をも左右する重要な部分でありますので、修理を検討することが求められます。その際はリペアの依頼先も同時に検討することが得策であり、例えばおススメできる依頼先には、iphoneの修理専門業者を挙げることができます。その業者の店舗に持って行きますと、殆どの場合でその日に修理をしてくれます。またリペア料金もオフィシャルとは違い安いですから、お手頃価格で元の状態に直すことができます。これにより、iphoneのホームボタンが故障した時は、検討してみると良い業者になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)